比較行動学特講

前期 火曜日 1限 2単位
後期 月曜日 6限 2単位

授業テーマ:比較行動学

授業の到達目標
この講義では、比較行動学の基本的な考え方を学ぶとともに、この考え方に基づいて人間の生物的特性を理解することを第一の目的とする。また比較行動学に関連する研究の実例を学ぶなかから、実証的な研究を進めるために必要な方法や考え方を身につけることを第二の目的とする。

授業内容
比較行動学(エソロジー、Ethology)とは、行動を手がかりに、人間を含む動物の進化のメカニズムを探ろうとする学問分野である。そこでこの講義では、まず生物進化に関する基本的な考え方や進化に関連する学問領域の最新の動向について講義する。その上で、とくに人間以外の霊長類(サルの仲間)を中心として、人間以外の動物と人間の行動を比較した研究の成果について紹介する。さらにこうした研究内容の紹介を通して、実証的な研究を進めるための心構えについても論じる。

授業計画
1.比較行動学(エソロジー)とは、2.進化とは、3.自然淘汰と性淘汰、4.行動生態学、5.進化心理学、6.互恵的利他行動、7.大型類人猿の行動[1](チンパンジーの狩猟と子殺し)、8.大型類人猿の行動[2](ピグミーチンパンジーの性行動)、9.ゲーム理論、10.身体的自己、11.自己概念の進化、12.自己鏡映像の認知、13.心の理論[1](他者の視線の認知)、14.心の理論[2](嘘と欺き)、15.まとめ

事前・事後学修
授業終了後にノートを読み返し、その回の内容を整理しておくこと。授業の前に前回の内容を確認し、授業に臨むこと。

授業方法:板書を中心とした通常の講義形式で行う。また必要に応じてプリントを配布するとともに、ビデオやスライド、ホームページ等の映像資料も用いる。

評価方法:レポートあるいは筆記の形式で行う定期試験の成績(40%)と受講態度(60%)。

担当教員メッセージ
この講義を受講することで、人間がいかに変わった動物かということを理解してもらえればと考えています。

教科書・参考書:教科書は使用しない。必要となる参考書はその都度示す。

比較行動学特講には講義資料はありません。
椙山のアイコン椙山女学園における教育のページへ ボノボのアイコン五百部裕のページへ戻る