人間の歴史

開講学年:2〜3年
後期 木曜日 2限 2単位

授業テーマ:ホモ属の出現以降、日本人の成立までの人類史・人間史をたどる

授業の到達目標
自然人類学の基本を学び、人類進化と日本人の起源論についての最近の研究成果について把握する。化石・DNA・石器など、さまざま情報から合理的な推論を導く思考方法や態度を学ぶ。

授業内容
アフリカで誕生した人類はどのように世界に広がり、いつ日本列島にたどり着いたのか。日本列島に定着した最初の人々と現代の日本人とはどのような関係なのか。日本人の生活や文化を理解する上で欠かせない、人類史の中での日本人の歴史を学びます。

授業計画
1.はじめに、2.自然人類学の方法、3.ホモ属の登場、4.現生人類の誕生、5.人類の出アフリカ、6.人類の拡散、7.ネアンデルタール人、8.フローレス原人とデニソワ人、9.最初の日本人、10.日本人の顔とからだ、11.日本人の起源論、12.アイヌと琉球、13.縄文時代から弥生時代、14.弥生時代から現代日本人まで、15.まとめ

事前・事後学修
授業終了後にノートを読み返し、その回の内容を整理しておくこと。授業の前に前回の内容を確認し、授業に臨むこと。

授業方法
板書を中心とした通常の講義形式で行う。また必要に応じてビデオやスライド、ホームページ等の映像資料も用いる。

評価方法:レポートあるいは筆記の形式で行う定期試験の成績(80%)と小レポートの内容(20%)。

担当教員メッセージ
新しい化石の発見やDNAの解読によって、現代人のたどってきた歴史のイメージは少しずつ変わってきています。そのような新しい内容を取り入れて、できるだけ分りやすく説明します。

教科書・参考書:教科書は使用しない。必要となる参考書はその都度示す。

スタッフのアイコン講義資料へ(このページに入るにはユーザー名とパスワードが必要です)

椙山のアイコン椙山女学園における教育のページへ ボノボのアイコン五百部裕のページへ戻る